「緊急ではなく重要なこと」を考える時間を定期的につくる。

皆さん、こんにちは!

ドリームマネジメントファシリテーターの佐々木です。

 

今さらですが、7つの習慣で有名な時間管理のマトリックスがあります。

 

 

そこには、人は「緊急なこと」に時間に費やしているケースが多く、本来大事にしなければいけない「緊急でなく重要なこと」に時間を使っていない、ということが書かれています。

 

 

7つの習慣では「緊急でなく重要なこと」を優先するべきだと言っています。
(有名なことなので知っている方も多いと思いますが、、、)

 

 

「緊急でなく重要なこと」とは一体どんなことでしょうか?

 

 

具体的には以下のような項目が挙げられます。

・良好な人間関係をつくる
・キャリアッププラン、学習プラン
・健康維持
・自己啓発

 

長期的に成し遂げたいこと、人生の夢、目標などです。

 

ドリームマネジメントでは12のセッションを通じて、以下のテーマについて考えます。

 

・夢を出して、具体的な実現への計画を立てる
・夢を実現するために何をすれば良いかを考える
・人生でどれ位のお金が必要かを考える
・自分に性格を把握して、今後の人生にどう生かしていくかを考える
・毎日の時間の使い方を考える
・エネルギー、活力を上げるため何をすれば良いか考える
・健康状態について見直す(睡眠、運動、食事)
・人間関係について考える
・本当に必要な知性は何かを考える
・精神性を高めるためには何をすれば良いかを考える
・仕事をする目的と長期的な目標を考える
・人生の目的、徳について考える

 

 

「緊急ではなく重要なこと」ばかりです。これがドリームマネジメントの強みです。

 

 

毎月1回、定期的に「緊急ではなく重要なこと」を考える時間を半ば強制的に設けることが出来るのです。

 

 

ドリームマネジメントは「緊急ではなく重要なこと」を徹底的に考えることができるとても素晴らしいプログラムなのです。

 

 

ただ、この強みが、弱点になる場合もあります。

 

 

その理由は、目先の仕事、スキル向上を優先に考えている企業があまりにも多いということです。

 

 

目先のことばかり(緊急なこと)に目がいってしまい、「緊急でなく重要なこと」を後回しにしている企業が多いということです。

 

 

僕も上場企業から出資を受けて会社を経営していた時がありました。

 

 

毎月の役員会でPL,BSを報告し、その都度、短期的な結果を求められました。

 

これは当然のことで、短期的な結果を出し続けないと、会社は倒産してしまいます。

 

ただ、短期的な結果ばかり追求すると、社員は疲弊してしまい、モチベーション低下、離職率がアップしたりしてきます。

 

ゴールが見えなくなり何のために仕事をしているのか?分からなくなるからです。

 

 

短期的なやるべきこと(緊急で重要なこと)と、長期的な視点でやるべきこと(緊急でなく重要なこと)を両方考えていかなければいけないのです。

 

 

世界NO.1のスモールビジネスの権威であり起業の神様と呼ばれているマイケルEガーバー氏「ダブルビジョン」の重要性を唱えています。

 

 

ダブルビジョンとは、短期的な目標を見る視点、長期的な展望を見る視点、両方を備えることが大事だということです。

 

ほとんどの企業は短期的な目標に目が向きがちです。

 

 

でも、皆さんの周りで成長している企業、注目されている企業をみてください。

 

「長期的な視点で重要なこと」、即ち「緊急でなく重要なこと」に時間を費やしています。

 

 

そんな企業をみると、「あの会社は余裕があるから出来るんだよ」と言う方もいますが、「緊急ではなく重要なこと」を優先している企業は、そこに時間とお金を優先的に使っているのです。

 

 

過去にある有名な居酒屋経営者の方が1年間ドリームマネジメントを受講して頂きましたが、その方はこんなことを言っていました。

 

 

「私達経営者は日々、目先のことに追われ、目先の決断を迫られることが多い。だからドリームマネジメントのように、定期的に夢を語り合ったり、長期的な視点で考える時間がとても大事です。」

 

 

さて、皆さんは、定期的に「緊急ではなく重要なこと」に時間をつくっていますか?

 

 

■ドリームマネジメントの効果


ドリームマネジメントを導入するとこのような効果があります。

【受講者への影響】
・プライベート、仕事の夢・目的が明確となり人生を計画的に生きるようになる
・理想の自分になるために何をするのか?を考え、習慣化するようになる
・身体、人間関係、知性、精神を常に良くすることを意識するようになる
・お金に関する知性が高まる
・高いエネルギーで集中した中身の濃い時間を過ごすことが出来る
・健康管理を意識するようになる(質の良い、運動、食事、睡眠)
・良好な人間関係を築くことができる
・知性を高めるために積極的に学ぶようになる
・安定した精神性を身に付けることができる
・仕事に対してキャリアパスの明確化
・マネジメントおよびリーダーシップ能力の開発

【組織(チーム)への影響】
・お互いを応援し合う活発なチームワークの創出
・心理的安全性が高いチーム
・信頼感、モラル向上
・社員のやる気のアップによる高い生産性
・望ましくない離職の減少
・社員の夢を応援する会社としてのブランディング、リクルート効果
・マネジメントおよびリーダーシップ能力の開発
・戦略的思考法の教育
・業績アップ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ドリームマネジメントは、社員の夢を叶えることを使命としています。
そして、それぞれの社員が自ら働きたくなる社内環境を整え、最終的に会社を成功へと導きます。

ドリームマネジメントとは?

■【社内の人材育成の仕組化】社内ファシリテーター制度

■【毎月3社限定】ドリームマネジメント体験版特別企画

■佐々木が「ありがとうTV」でドリームマネジメントについて語る

ドリームマネジメントのお問い合わせ

 

何のために?と、ふと考える。

「何のために?」と、ふと考える時があります。

 

特に意識してではなく、ふとした瞬間に考えます。

 

何のために?

 

一日を振り返っても

 

何のために起きるのか?

 

何のためにランニングをするのか?

 

何のために食事をするのか?

 

何のために仕事、勉強をするのか?

 

何のために人と会うのか?

 

何のためにテレビを見るのか?

 

何のために寝るのか?

 

何のために悩むのか?

 

何のために喜ぶのか?

 

何のために自分はここにいるのか?

 

日々のルーティン的なことから、生きるという人生の目的まで、何のため?を考え出したらきりがない。

 

もちろん、考えなくても出る答えはあります。

 

休息が必要だから寝る。

 

身体に栄養を与える必要があるので食事をする。

 

体形維持、健康管理のためにランニングをする。

 

自分の成長のために仕事、勉強をする。

 

など、これらはある意味、当然な答えであり、真っ当な答えです。

 

 

でも、そうでなくて、もっと深い部分で「何のため?」を考える時があります。

 

 

もしかしたら、寝ることも、食べることも、運動することも、仕事も勉強もしなくてもいいのかもしれない。する必要はないのかもしれない。

 

 

それをしないことが、なぜ良くないことなのか?誰が決めたことなのか?

 

 

本当に良くないことのなのか?など考えます。

 

 

それをしないことによって、寿命を縮るかもしれません。

 

 

でも、そもそも「何のために?」長く生き続けるのでしょうか?

 

 

長く生き続けることによって、楽しいこと嬉しいこともありますが、辛いこと、苦しいこと、悲しいことも沢山あります。

 

 

「何のために?」そんな面倒なことを日々繰り返しているのでしょうか?

 

 

僕はドリームマネジメントのファシリテーターとして、1人ひとりの夢の実現を応援したり、その考えを企業に導入したりしています。

 

「何のために?」夢を実現するのでしょうか?

 

夢を実現しなくても生きてはいけますし、別に死ぬわけではありません。

 

何のために…

 

僕の中で、理論立てられたは答えがあるわけではありませんが、人間も含め、生き物は「生きる」ということが絶対条件であり、一番重要なプログラムとして組み込まれていのだと…

 

生きるということは、様々なことを乗り越えていかなければいけないし、そのためには前向きでなければいけません。

 

例えば、草食動物は肉食動物に食べられる危険と常に背中合わせです。

 

肉食動物に襲われた時、草食動物達はどんな状況であっても力の限り逃げます。

 

逃げ切らないと、肉食動物の餌となるからです。

 

「オレはどうせライオンに食べられてしまうから逃げても無駄だ」と思って、ライオンから逃げないシマウマなんているでしょうか?

 

どんな動物も生きるための必死です。前向きでなければ生きていけないのです。

 

草食動物は生きるために肉食動物から必死に逃げますし、肉食動物も食料を得ないと死んでしまうので、必死に草食動物を追いかけます。

 

「生きる」というプログラムがある限り、人間も、動物も、植物も、必死に生きます。

 

「生きる」ということ自体が「前向き」なことなのです。

 

 

誰もが「生きる」ために必死です。

 

食事をするため、寝るため、子供、大切な人を守る為に、必死に仕事をしたり、必死に成長しようとします。

 

それ自体が「前向き」なことなのです。

 

何度もしつこいですが、「生きる」ということだけで「前向き」なことなのです。

 

人は元来「前向き」なのです。

 

 

だから、より前向きに生きるため「生きる目的」を探します。

 

夢も「生きる目的」です。

 

「前向き」に生き続けるために夢を持ちます。

 

 

「生きるため」に「前向き」であり続け、「生きる目的」として「夢」を持つのです。

 

そう考えると、人間にとって「人生の目的」「夢」を持つことは自然なことなのだと思えます。

 

 

いつも、こんな答え(考え?)に辿りつくのですが、それでも何度も「何のために?」と考えてしまいます。

 

 

「何のために?」を深く考え出すときりがありませんが、時々深く考えることも悪くはないと思っています。(考えるのを止めようと思っても、結局考えてしまいます。。)

 

 

自分の現状、今までの人生を「使命」とか「運命」という言葉で片付けることも良いかもしれませんが、例え明確な答えは出なくても、「何のために?」を自問自答することも大事かもしれませんね。

 

 

でも、今までのことと矛盾するかもしれませんが、一番幸せなことは、何にも考えなくても「前向き」になれたり「夢を持つ」ことだと思います。

 

 

可能であれば、そんなシンプルな考え方になりたいですね(*^^)v

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ドリームマネジメントは、社員の夢を叶えることを使命としています。
そして、それぞれの社員が自ら働きたくなる社内環境を整え、最終的に会社を成功へと導きます。

ドリームマネジメントとは?

■【社内の人材育成の仕組化】社内ファシリテーター制度

■【毎月3社限定】ドリームマネジメント体験版特別企画

■佐々木が「ありがとうTV」でドリームマネジメントについて語る

ドリームマネジメントのお問い合わせ