雇用関係が金銭関係であるという考えは過去のもの??

皆さん、こんにちは!

ドリームマネジメントファシリテーターの佐々木です。

 

皆さんは「働く理由」「働く目的」は何?という質問をされたことはないですか?

・会社に貢献するため
・会社の成長のため
・会社の売上を上げるため

 

こんなことを言う社員がいたら嬉しいと思う経営者は多いのではないでしょうか。

もちろん、このように思う社員はいるでしょう。

 

ただ、これが働く目的の一番ではないということに気付くべきです。

 

ドリームマネジメントでは、自分の夢の実現、大切な人の夢の実現、大切な人を幸せにするための手段として仕事をするとうことを伝えています。

そのためには、会社が夢を持てる場所でなけれないけませんし、自己実現が出来る環境を提供しなければいけません。

 

このようなことを話すと、あからさまに嫌な顔をして「社員の夢の実現のための会社なんておかしい。要は社員はお金が欲しいんだから給与を上げればいいんだよ」と言い出す経営者の方もいます。

 

確かに給与が上がれば、買える物も多くなりますし、色々なことを体験することも可能でしょう。

 

ただ、お金のためだけに働くのでしたら、社員は給与が高い会社に転職してしまうのではないでしょうか?

 

「全従業員の物心両面の幸福を追求すると同時に、人類、社会の進歩発展に貢献すること。」

 

ご存知の方も多いと思いますが、稲盛和夫さんが設立した京セラの経営理念です。

 

お金だけでなく、従業員が精神的にも幸せになれることが大事だということです。

 

 

 

ドリームマネジメントの基盤となっている書籍「ザ・ドリーム・マネジャー」にはこんなことが書かれています。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

雇用関係が金銭関係であるという考えは、もう過去のものです。現代の労働者が求めているのは、単なる昇給よりも、もっとずっと抽象的なものなんです。もちろん給料は大事ですが、同時に、彼らは自分のライフスタイルや働く環境にも関心がある。何よりやりがいのある仕事を求めています。

社員は認められたいのです。会社を辞める人の85%は、直属の上司との人間関係が原因です。彼らにとって上司との関係について訊くと、ほとんどが上司は自分や自分の仕事ぶりを認めてくれなかったと答えます。

社員にとって最大の関心は金でも福利厚生でも労働時間でもない。認めれていると感じられるかどうかなんです。

※「ザ・ドリーム・マネジャー」P111~112から抜粋

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

僕も20年程前に在籍した会社で、あまりにも仕事の負荷が大きく、全ての責任を負わされ、それなのに仕事の評価が低い(自分の仕事を認めてくれなかった)ということがあって、退職の意志を伝えたところ、会社に残って欲しいということを言われ、いきなり次の月から月収が20万近くアップしたということがありました。

 

その時は嬉しくてその会社に残ることを決意しましたが、結局その会社は給与が大幅にアップした半年後に退職することにしました。

 

給与がアップしても、会社の体質と経営者の考えが変わらなかったため、結局半年後に再度、会社を辞めることを決意したのです。

 

あくまでも僕の例ですが、“給与を上げたのにまた社員が辞めたいと言い出した”なんていうことも、珍しいことではないですよね?

 

給与を上げないと頑張らない社員には、給与を上げ続けなければいけなくなります。

 

給与を上げ続けて社員定着を確保するか、社員を認める仕組みをつくって定着化を図るか、どちらの方が良いでしょうか。

 

 

ドリームマネジメントは社員の夢を応援することによって、その人の夢、その人自身を認めてあげることに繋がっていきます。

 

会社の夢と、社員の夢は必ずしも交わるというわけではありません。

 

むしろ交わらない場合の方が多いのではないでしょうか?

 

それを無理に交わらせようとすると「オレの同じ夢を持て!」というような経営者の夢の押し付けが生まれてくるのです。

 

経営者の夢が、社員の夢の一つになることはあるでしょう。

 

しかし、経営者の夢が、社員にとって一番の夢になることはまずないと言っても過言ではありません。

 

なぜなら、経営者と同じ人間にはなれないからです。

 

社員1人ひとり、異なる人間であり、異なる夢を持っていると思うべきです。

 

その夢を応援することによって、彼らを認めることになり、認められた社員達は、経営者の夢も応援するようになるのです。

 

経営者の皆さん、先ずは社員一人ひとりを認めてあげることからはじめてみませんか?

 

 

■ドリームマネジメントの効果
_____________________________

ドリームマネジメントを導入するとこのような効果があります。

【受講者への影響】
・プライベート、仕事の夢・目的が明確となり人生を計画的に生きるようになる
・理想の自分になるために何をするのか?を考え、習慣化するようになる
・身体、人間関係、知性、精神を常に良くすることを意識するようになる
・お金に関する意識が高まる
・高いエネルギーで集中した中身の濃い時間を過ごすことが出来る
・仕事のスキルアップ
・マネジメントおよびリーダーシップ能力の開発

【組織(チーム)への影響】
・チームの生産性を高める
・離職率の減少
・お互いを応援し合う活発なチームワークの創出
・心理的安全性が高いチーム
・信頼感、モラル向上
・社員の夢を応援する会社としてのブランディング、リクルート効果
・マネジメントおよびリーダーシップ能力の開発
・戦略的思考法の教育
・業績アップ

 

ドリームマネジメントとは?

■【社内の人材育成の仕組化】社内ファシリテーター制度

■佐々木が「ありがとうTV」でドリームマネジメントについて語る

ドリームマネジメントのお問い合わせ


※書籍「ザ・ドリーム・マネジャー」の研修プログラムである「ドリームマネジメントプログラム」は、日本のライセンシーである”一般財団法人日本アントレプレナー学会”を通じて開催されます。日本アントレプレナー学会を通さず開催される「ドリームマネジメントプログラム」は公認ではなく、内容も保証されておりませんのでご注意ください。

================

【佐々木亮輔プロフィール】

(株)アールフェイス代表取締役
一般財団法人日本アントレプレナー学会 理事

長年、美容業界向けのIT事業に携わり、上場企業の関連会社を2社設立し、それぞれ取締役、代表取締役に就任。2014年、3社目の㈱アールフェイスを設立し「ドリームマネジメント」の日本初の認定ファシリテーターとなる。同年に日本で最初にドリームマネジメントのセッションを行い、現在まで延べ受講者数は3,000人を超える。

2016年に一般財団法人日本アントレプレナー学会の理事に就任。ドリームマネジメント事業の日本の責任者となり、ドリームマネジメントのセッションを行いながら、40名以上ファシリテーターの育成を行う。

 

誰もがドリームマージャーを必要とし、誰もがドリームマネージャーになれる。

久しぶりのブログとなります。

 

 

僕のメンター的存在でもあり一部上場企業の社長でもあるビューティガレージ野村さんから「最近、ブログ書いてないよね??」と言われ、これから頻繁にブログを書くことに決めました💦

 

 

ドリームマネジメントについて発信していかないといけませんね。。

 

発信したいことも沢山ありますしね(^O^)/

 

 

ドリームマネジメントはアメリカで開発された「ライフコーチングプログラム」と呼ばれています。

 

 

その名の通り、「自分の人生をコーチング」するためのプログラムです。

 

ですが、

 

コーチング的な要素もあまりないですし、研修的な要素もあまりないです。

 

 

アメリカでは、お菓子を食べながらリラックスした状態で、ドリームマネジメントのセッションが行われています。

 

 

リラックスした状態の方が、夢を語り合いやすいというのが理由です。

 

 

僕達、ドリームマネジメントのファシリテーターは全力でリラックスした状況をつくります。(全力でリラックスした状態をつくるという表現が変ですが、、、)

 

 

ドリームマネジメントを受講した方の中には「ゆるい」「ぬるい」とか言う方もいますが、リラックスした状態の方が夢も出やすいですし、聞く側も受け入れやすいというのがドリームマネジメントの考え方です。

 

 

力んで夢を語ったとしても、それでは「決意表明」のようなものになってしまいます。

 

 

ドリームマネジメントでは「夢=やりたいこと」なので、力む必要もありません。

 

 

そして、ドリームマネジメントは「夢の実現を応援し合う」というのも特徴ですが、これも義務感で行う必要もなく、力んで行う必要もないのです。

 

 

 

あくまでも自然体で。

 

というのがドリームマネジメントの考え方です。

 

ドリームマネジメントの基盤となっている書籍「ザ・ドリーム・マネジャー」にはこんなことが書かれています。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

あなたもふりかえってみれば、じつに様々な人達、両親や祖父母、先輩、友人、コーチ、社長、上司、先生、牧師など、大なり小なりドリームマネージャーの役割を果たしてくれたことに思い当たるだろう。

それは、毎月定期的に会って特定の夢について注意深く検証し計画を立てるというよりも、もっと自然でざっくばらんなものだったに違いない。

そうであってもなお、あなたという人間やあなたの夢に関心を示してくれた人たちは、間違いなくあなたの人生に大きな影響を与えたはずである。

人生は夢に向かって励ましたり課題を与えたりしてくれる人を、自然と与えてくれるものだ。「自分の夢くらい自分でなんとかできるさ!」と多くの人が主張する。

ある程度はそうかもしれないが、実現までにはたゆまぬ」努力が必要なことを常に思い出させてくれるような誰かを、私達は必要としている。

「私達はみなドリームマネージャーを必要としている」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

特別な人だけがドリームマネージャーになれるということではなく、誰もがドリームマネージャーになれるのです。

 

そして、誰もがドリームマネージャーを必要としています。

 

 

僕が昨日お会いした「ドリームマネージャー」をご紹介します。

 

 

ビューティガレージ野村社長です(写真右)

 

野村さんは、ビューティガレージを創業し、13年で一部上場企業に成長させた敏腕経営者です。(野村さんの詳細はコチラ

 

野村さんとは約13年程のお付き合いになりますが、出会った当時から僕の可能性を信じてくれています。

 

2010年~2013年にかけて、当時、僕が経営していた会社に5,000万の出資をして頂いたこともあります。

 

 

しかし、その会社は赤字続きで、最終的には5,000万を全て使い果たし、吸収合併して頂きました。

 

にもかかわらず、野村さんは今も僕のことを応援してくれています。

 

昨日も飲みの席で、野村さんからこんなお言葉を頂きました。

 

「佐々木さんは、すごくポテンシャルが高いから、絶対に成功すると思うんだよね。オレは会った時からずっと思っている。」

 

 

 

泣けてきますね。。

 

 

野村さんは会った時から僕の可能性を信じてくれて、13年経った今も僕の可能性を信じてくれています。(かなりきつく詰められたことも多々ありますが、、、💦)

 

 

野村さん、及びビューティガレージ社に多大なるご迷惑を掛けるような大失敗をしても、それでも僕の可能性を信じてくれています。(時々、5,000万も投資して損したよ!と言われることもありますが、、、💦)

 

 

“まさに野村さんは僕にとってのドリームマネージャーです!!”

 

 

 

普通だったら5,000万を出資したのに、資金を全て使い果た上、自分のもとを去っていった人を応援することは出来ません。

 

野村さんのような自分を応援してくれる人がいるからこそ、苦しい時、辛い時でも、自分の夢を実現するために頑張れると思います。

 

 

 

誰もがドリームマージャーを必要とし、誰もがドリームマネージャーになれるのです。

 

■ドリームマネジメントの効果
_____________________________

ドリームマネジメントを導入するとこのような効果があります。

【受講者への影響】
・プライベート、仕事の夢・目的が明確となり人生を計画的に生きるようになる
・理想の自分になるために何をするのか?を考え、習慣化するようになる
・身体、人間関係、知性、精神を常に良くすることを意識するようになる
・お金に関する意識が高まる
・高いエネルギーで集中した中身の濃い時間を過ごすことが出来る
・仕事のスキルアップ
・マネジメントおよびリーダーシップ能力の開発

【組織(チーム)への影響】
・チームの生産性を高める
・離職率の減少
・お互いを応援し合う活発なチームワークの創出
・心理的安全性が高いチーム
・信頼感、モラル向上
・社員の夢を応援する会社としてのブランディング、リクルート効果
・マネジメントおよびリーダーシップ能力の開発
・戦略的思考法の教育
・業績アップ

 

ドリームマネジメントとは?

■【社内の人材育成の仕組化】社内ファシリテーター制度

■佐々木が「ありがとうTV」でドリームマネジメントについて語る

ドリームマネジメントのお問い合わせ


※書籍「ザ・ドリーム・マネジャー」の研修プログラムである「ドリームマネジメントプログラム」は、日本のライセンシーである”一般財団法人日本アントレプレナー学会”を通じて開催されます。日本アントレプレナー学会を通さず開催される「ドリームマネジメントプログラム」は公認ではなく、内容も保証されておりませんのでご注意ください。

================

【佐々木亮輔プロフィール】

(株)アールフェイス代表取締役
一般財団法人日本アントレプレナー学会 理事

長年、美容業界向けのIT事業に携わり、上場企業の関連会社を2社設立し、それぞれ取締役、代表取締役に就任。2014年、3社目の㈱アールフェイスを設立し「ドリームマネジメント」の日本初の認定ファシリテーターとなる。同年に日本で最初にドリームマネジメントのセッションを行い、現在まで延べ受講者数は3,000人を超える。

2016年に一般財団法人日本アントレプレナー学会の理事に就任。ドリームマネジメント事業の日本の責任者となり、ドリームマネジメントのセッションを行いながら、30名以上ファシリテーターの育成を行う。