ファシリテーターになって丸3年、社員の全ての夢を把握して社員と向き合うYさん。

皆さん、こんにちは!
ドリームマネジメントの佐々木です。

 

 

ドリームマネジメントでは12回のセッションを行いますが、一番最初のセッション1で100個の夢のリストを出すというワークがあります。

 

10のカテゴリーで夢を書き出して、受講者同士で共有していきます。

 

 

 

その際に以下のような簡単なルールのもと夢を書き出します。

 

・制限を設けない

・過去の自分から考えない

・なるべく具体的に書く

・他人の夢を参考にする

・楽しむ

 

 

そして、出来上がった夢のリスト(ドリームリスト)に対して、その後のセッションで進捗をシェアしたり、新たな夢を追加していきます。

 

 

先日、3年前からドリームマネジメントを導入した、ある不動産会社の方にお会いしました。

 

 

5.6名の小さな不動産会社ですが、社内にドリームマネジメントのファシリテーターを置いて、丸3年ドリームマネジメントを行っています。

 

 

その不動産会社の社内ファシリテーターであるYさんと久しぶりにお会いしました。

 

 

「佐々木さん、お久しぶりです!」

 

 

Yさんはいつもの明るい笑顔で近づいてくると、手帳を取り出し僕に見せてくれました。

 

 

「みんなの夢のリストを手帳にはさんでいるんです!」

 

 

Yさんは手帳の中身を見せてくれると、それぞれの社員の夢のリストがぎっしり書いてあるページがありました。

 

 

この会社さんでは、社内のボードに各社員の夢のリストを貼ったり、Yさんのように夢のリストを手帳にはさんだりして、常に各社員の夢のリストを共有できるようにしています。

 

 

そんな活動が地域新聞に載ったこともあります。

 

 

社長の鈴木さんは、自らの考えを変え、社員のためにドリームマネジメントを導入しました。

 

 

しかし、良いことだけではなかったみたいです。

 

 

 

実際に辞めた社員もいましたし、ドリームマネジメントで夢を出すこと、実現に向けて行動することが苦しくなった社員もいたそうです。

 

 

 

その都度、社内でファシリテーターを務めているYさんは、心を痛め、自分の力のなさを嘆いたそうです。

 

 

20年、30年生きてきた人が、ドリームマネジメントを導入したからといって、簡単に変わることなど出来ませんし、今まで夢を持たなくて、実現したことがない人が、簡単に夢を持ち、実現することなど出来ないのです。

 

 

それでも、責任感の強いYさんは、自分が無力だったと思い、
しばらく僕に会うこともためらっていたみたいです。

 

 

でも、先日お会いした際には、Yさんは本当にすっきりした表情で、
嬉しそうにドリームマネジメントについて話して頂きました。

 

「これが全社員の夢のリストなんですよ!」

 

「この子は、100個の夢のリストのうち60個も夢を実現したんですよ!」

 

なんか、吹っ切れた感じでした。

 

 

ドリームマネジメントは、社員の夢を引き出して、共有する場をつくり、その夢の実現のために何をすれば良いか?を考え、そして応援します。

 

 

しかし、必ずしもスムーズに毎月のドリームマネジメントのセッションが進行していくわけではありません。

 

 

自己肯定感の低い人は、「夢」という言葉を聞いただけで、自分には夢なんてない、夢なんて実現できないと抵抗する時もありますし、ファシリテーターも、毎月ドリームマネジメントのセッションを行っているのに、受講生である社員が、なかなか夢を実現しない、夢の実現のために行動しない、ということに対してストレスを感じることもあります。

 

 

今までと違う場所へ向かうためには、今までと違う道を歩かなければいけないですし、ストレスを感じることも多々あるかと思います。

 

 

ただ、ここでいうストレスとは決して悪いものではく、今までと違う良い自分になるためのストレスです。

 

 

筋肉をつけようとして、ジムに通ったり、筋トレをする時も、肉体にストレスを与えることになります。

 

 

それと同じです。

 

 

人が成長するためにはストレスを感じることも多々あるのです。

 

 

Yさんは、ドリームマネジメントのファシリテーターになり、責任感を持ってセッションを行いました。

 

 

受講した社員の人達は、沢山の夢を実現したかもしれませんが、沢山のストレスも感じたことでしょう。

 

 

Yさんも、沢山の喜び、やりがいを感じたでしょうし、沢山のストレスを感じたことでしょう。

 

 

それが自然です。

 

 

ドリームマネジメントのファシリテーターになって、丸3年。

 

 

Yさんはようやく自分自身で納得が出来たのでしょう。

 

 

Yさんならきっと、これからも素晴らしいドリームマネジメントのファシリテーターとして社員達の夢を応援していけるでしょう。

 

 

今度、Yさんと会うときは、どんな話しが聞けるか今から楽しみです(^0_0^)

 

【ドリームマネジメントの効果】


ドリームマネジメントを導入するとこのような効果があります。

【受講者への影響】
・プライベート、仕事の夢・目的が明確となり人生を計画的に生きるようになる
・理想の自分になるために何をするのか?を考え、習慣化するようになる
・身体、人間関係、知性、精神を常に良くすることを意識するようになる
・お金に関する知性が高まる
・高いエネルギーで集中した中身の濃い時間を過ごすことが出来る
・健康管理を意識するようになる(質の良い、運動、食事、睡眠)
・良好な人間関係を築くことができる
・知性を高めるために積極的に学ぶようになる
・安定した精神性を身に付けることができる
・仕事に対してキャリアパスの明確化
・マネジメントおよびリーダーシップ能力の開発

【組織(チーム)への影響】
・お互いを応援し合う活発なチームワークの創出
・心理的安全性が高いチーム
・信頼感、モラル向上
・社員のやる気のアップによる高い生産性
・望ましくない離職の減少
・社員の夢を応援する会社としてのブランディング、リクルート効果
・マネジメントおよびリーダーシップ能力の開発
・戦略的思考法の教育
・業績アップ


さらにファシリテーター自身にも良い影響があります。

ドリームマネジメントの12のセッションは、理想の人生を送る上でどれも大事な項目ばかりです。

この内容を毎月ファシリテーターとしてセッションを行うということは、ファシリテーター自身にとっても最高かつ実践的な自己啓発となります。

是非この機会にドリームマネジメントのファシリテーターにチャレンジしてみてください。

 


【現在、こんな方がドリームマネジメントのファシリテーターとして活躍しています‼】

・自社の女性社員に夢を持って欲しいと願う化粧品会社経営者
・社員の夢を応援する経営者を増やしたいと思う社労士
・自分の夢も実現し、自社の社員の夢を実現する会社にしたいと思う設備会社経営者
・プライベートの夢がなかなか持てない若い社員に夢を持ち実現する喜びを感じて欲しいと思う不動産会社経営者の奥様
・夢を持ち、応援することのできる起業家を育てたいコンサル業社長
・自分のクライアントである歯科医院、歯科業界を夢を持てる職場、業界にしていきたいと思うライフプランナー
・ドリームマネジメントを通じて女性起業家を支援したいコーチングのスペシャリスト
・自社の社員、IT企業にドリームマネジメントの考えを浸透させたいIT企業経営者
・目先の数字だけではなく、クライアントにも夢を持ってもらいたい整理士事務所経営者


※毎月1回ファシリテーターのミーティングを開催し、情報交換等を行っています。

ご興味のある方、質問がある方、お気軽にメッセージをくださいね。


【ドリームマネジメント社内ファシリテーター養成講座】

費用36万円(税別)2名受講可 ※講習費用、ファシリテーター用テキスト、ファシリテーター資格取得含む

■講習内容(※講師は佐々木が勤めさせて頂きます)
ドリームマネジメントのセッション1~12をファシリテーターとして進めるため、各セッションの全ての内容を把握して頂きます。

■講習後のサポートについて
ドリームマネジメントのファシリテーターの資格取得後すぐにセッションを行って頂きます。
電話、メールでのサポートは無料を行いますので,不明な点等ございましたら随時ご連絡下さい。ご希望の際はセッションの現場に入らせて頂き、事前打ち合わせ、チェック、アドバイス等も行います。(※別途費用が掛かります)
現在、セッションを行っているファシリテーターの全ての方が効果的なセッションを行っています。

無料相談会随時開催(※講座の日程・場所の相談も受付けます)
先ずは、無料相談会を通じて、ドリームマネジメントについての詳細を説明させて頂きます。その上でドリームマネジメントのファシリテーターになるかどうかご判断下さいませ。
※相談会を通じて、ファシリテーターになりたいというご希望に添えない場合もございますので、予めご了承くださいませ。

・・・・・・・・・・・・・・・・

ドリームマネジメントは、社員の夢を叶えることを使命としています。
そして、それぞれの社員が自ら働きたくなる社内環境を整え、最終的に会社を成功へと導きます。

ドリームマネジメントとは?

■【社内の人材育成の仕組化】社内ファシリテーター制度

■佐々木が「ありがとうTV」でドリームマネジメントについて語る

ドリームマネジメントのお問い合わせ


※書籍「ザ・ドリーム・マネジャー」の研修プログラムである「ドリームマネジメントプログラム」は、日本のライセンシーである”一般財団法人日本アントレプレナー学会”を通じて開催されます。日本アントレプレナー学会を通さず開催される「ドリームマネジメントプログラム」は公認ではなく、内容も保証されておりませんのでご注意ください。

================

【佐々木亮輔プロフィール】

一般財団法人日本アントレプレナー学会 理事

長年、美容業界向けのIT事業に携わり、上場企業の関連会社を2社設立し、それぞれ取締役、代表取締役に就任。2014年、「ドリームマネジメント」の日本初の認定ファシリテーターとなる。同年に日本で最初にドリームマネジメントのセッションを行い、現在まで延べ受講者数は4,000人を超える。

2016年に一般財団法人日本アントレプレナー学会の理事に就任。ドリームマネジメント事業の日本の責任者となり、ドリームマネジメントのセッションを行いながら、50名以上ファシリテーターの育成を行う。

 

 

経営者が社員の夢を応援したいと本気で思ったとき、会社と社員の間には強烈な信頼関係が生まれる。

皆さん、こんにちは!
ドリームマネジメントの佐々木です。

 

僕は月に10回ほどドリームマネジメントのセッションを行ったり、参加したりしますが、本当に色々な経験をさせて頂いております。

 

今回は、最近ドリームマネジメントに参加させて頂いた時のことをお伝えします。

 

2,000人以上の大企業さんでのお話です。

 

この会社さんでは社内でドリームマネジメントの
ファシリテーターを育成して、セッションを行っています。

 

その日は、ファシリテーターの方のセッションの進行チェックも含めて、参加させて頂きました。

 

 

その日の受講者は8名程度でしたが
若手のエース格の方々が集まりました。

実は、この会社さんは昨年ある企業を買収しています。
その日集まった方々は、その買収された会社の方々でした。

 

 

ドリームマネジメントのセッションがはじまる前に、社長から一言があるということで、皆さん少し緊張しているように見えました。

 

 

2,000人以上の会社の社長さんです。
買収された会社側の社員さんからすると、それほど接する機会もなく、より緊張感があるのではないでしょうか、、、

 

そして、社長が会議室に入ってきて、話をし始めました。

 

会社の今後の展開や、そこにいる方々の行っている仕事が社会的意義の高いことや、もっと働きやすい環境をつくるということを約束するなど、ほとんどの話が、そこにいる社員さんの不安を取り除き、もっと良い環境をつくるということです。

 

この会社さんは、2,000人以上の大企業ですが、社長さんが「ザ・ドリーム・マネジャー」を読んで感銘を受けて、すぐに呼ばれて打合せの機会を頂きました。

 

 

「社員の夢を実現できる会社にしたい」

 

 

この社長さんは、繰り返し言っていました。

 

 

この会社さんは社長自ら、積極的にコミュニケーションを図っています。

 

 

全国展開している2,000人の会社の社長さんですが、至るところで社員とコミュニケーションを図っています。

 

 

僕はこの会社さんに定期的にドリームマネジメントで訪問するのですが、社員がいる場所には社長がほとんど現れます。

 

 

こんな言い方をしてはいけませんが今回のドリームマネジメントのセッションは8名です。

 

 

しかし、この2,000人企業の社長さんは、この時間のためにスケジュールを調整し、8名の社員に一生懸命自分の想いを伝えています。

 

 

本当に素敵な社長さんです。

 

 

8名の社員さんに対して話しをしている途中、社長さんはいきなりこんなことを言い出しました。

 

 

「これからドリームマネジメントだったよな??」

 

 

「ちなみにオレの夢はね…」

 

 

夢を語り合うドリームマネジメントのセッションがはじまる前に、社長自ら夢を語り出したのです。

 

 

10個以上語ったでしょうか…

この社長さんは、2,000人の企業のトップです。
そして年齢も還暦を超えています。

 

 

2回り、3回り離れた社員さんに対して、まずは自分の夢を語り出したのです。
そこにいた社員さんの表情がリラックスしてくるのが分かります。

 

 

社員と同じ視点で夢を語り出したのです。

 

 

その中には「全社員とお酒を飲みたい」「社員の夢を実現する会社にしたい」という夢もありました。

 

 

本当にすごい社長さんです。

 

 

人数で会社、組織の良し悪しが決まるわけではないですが、数名の規模の会社、組織のトップになっただけで、まるで王様のように振る舞う人もいるのに…

ドリームマネジメントの考えの中で、「人を人としてみる」ということがあります。

 

 

会社以外の場所で会うと、普通に人として接するのに、場所が会社に変わった瞬間、階級、階層が表れて、人を人として見れなくなったりします。

 

 

会社の中でも、人は人です。役割と責任が異なるだけで人と人には変わりません。

 


人それぞれの価値観があり、人それぞれの夢があります。

 

 

そして、その夢を応援されることによって、人は人とし認められたという気持ちになります。

 

 

この社長さんは自ら夢を語ることによって、そこにいる社員を安心させて、人と人との関係だということを伝えたのです。

 

 

“経営者が社員の夢を応援したいと本気で思ったとき、会社と社員の間には強烈な信頼関係が生まれる”

 

 

 

これもドリームマネジメントの考え方です。

 

 

このような素敵な会社を沢山つくりたいですね。

 

 

 

【ドリームマネジメントの効果】


ドリームマネジメントを導入するとこのような効果があります。

【受講者への影響】
・プライベート、仕事の夢・目的が明確となり人生を計画的に生きるようになる
・理想の自分になるために何をするのか?を考え、習慣化するようになる
・身体、人間関係、知性、精神を常に良くすることを意識するようになる
・お金に関する知性が高まる
・高いエネルギーで集中した中身の濃い時間を過ごすことが出来る
・健康管理を意識するようになる(質の良い、運動、食事、睡眠)
・良好な人間関係を築くことができる
・知性を高めるために積極的に学ぶようになる
・安定した精神性を身に付けることができる
・仕事に対してキャリアパスの明確化
・マネジメントおよびリーダーシップ能力の開発

【組織(チーム)への影響】
・お互いを応援し合う活発なチームワークの創出
・心理的安全性が高いチーム
・信頼感、モラル向上
・社員のやる気のアップによる高い生産性
・望ましくない離職の減少
・社員の夢を応援する会社としてのブランディング、リクルート効果
・マネジメントおよびリーダーシップ能力の開発
・戦略的思考法の教育
・業績アップ


さらにファシリテーター自身にも良い影響があります。

ドリームマネジメントの12のセッションは、理想の人生を送る上でどれも大事な項目ばかりです。

この内容を毎月ファシリテーターとしてセッションを行うということは、ファシリテーター自身にとっても最高かつ実践的な自己啓発となります。

是非この機会にドリームマネジメントのファシリテーターにチャレンジしてみてください。

 


【現在、こんな方がドリームマネジメントのファシリテーターとして活躍しています‼】

・自社の女性社員に夢を持って欲しいと願う化粧品会社経営者
・社員の夢を応援する経営者を増やしたいと思う社労士
・自分の夢も実現し、自社の社員の夢を実現する会社にしたいと思う設備会社経営者
・プライベートの夢がなかなか持てない若い社員に夢を持ち実現する喜びを感じて欲しいと思う不動産会社経営者の奥様
・夢を持ち、応援することのできる起業家を育てたいコンサル業社長
・自分のクライアントである歯科医院、歯科業界を夢を持てる職場、業界にしていきたいと思うライフプランナー
・ドリームマネジメントを通じて女性起業家を支援したいコーチングのスペシャリスト
・自社の社員、IT企業にドリームマネジメントの考えを浸透させたいIT企業経営者
・目先の数字だけではなく、クライアントにも夢を持ってもらいたい整理士事務所経営者


※毎月1回ファシリテーターのミーティングを開催し、情報交換等を行っています。

ご興味のある方、質問がある方、お気軽にメッセージをくださいね。


【ドリームマネジメント社内ファシリテーター養成講座】

費用36万円(税別)2名受講可 ※講習費用、ファシリテーター用テキスト、ファシリテーター資格取得含む

■講習内容(※講師は佐々木が勤めさせて頂きます)
ドリームマネジメントのセッション1~12をファシリテーターとして進めるため、各セッションの全ての内容を把握して頂きます。

■講習後のサポートについて
ドリームマネジメントのファシリテーターの資格取得後すぐにセッションを行って頂きます。
電話、メールでのサポートは無料を行いますので,不明な点等ございましたら随時ご連絡下さい。ご希望の際はセッションの現場に入らせて頂き、事前打ち合わせ、チェック、アドバイス等も行います。(※別途費用が掛かります)
現在、セッションを行っているファシリテーターの全ての方が効果的なセッションを行っています。

無料相談会随時開催(※講座の日程・場所の相談も受付けます)
先ずは、無料相談会を通じて、ドリームマネジメントについての詳細を説明させて頂きます。その上でドリームマネジメントのファシリテーターになるかどうかご判断下さいませ。
※相談会を通じて、ファシリテーターになりたいというご希望に添えない場合もございますので、予めご了承くださいませ。

・・・・・・・・・・・・・・・・

ドリームマネジメントは、社員の夢を叶えることを使命としています。
そして、それぞれの社員が自ら働きたくなる社内環境を整え、最終的に会社を成功へと導きます。

ドリームマネジメントとは?

■【社内の人材育成の仕組化】社内ファシリテーター制度

■佐々木が「ありがとうTV」でドリームマネジメントについて語る

ドリームマネジメントのお問い合わせ


※書籍「ザ・ドリーム・マネジャー」の研修プログラムである「ドリームマネジメントプログラム」は、日本のライセンシーである”一般財団法人日本アントレプレナー学会”を通じて開催されます。日本アントレプレナー学会を通さず開催される「ドリームマネジメントプログラム」は公認ではなく、内容も保証されておりませんのでご注意ください。

================

【佐々木亮輔プロフィール】

一般財団法人日本アントレプレナー学会 理事

長年、美容業界向けのIT事業に携わり、上場企業の関連会社を2社設立し、それぞれ取締役、代表取締役に就任。2014年、「ドリームマネジメント」の日本初の認定ファシリテーターとなる。同年に日本で最初にドリームマネジメントのセッションを行い、現在まで延べ受講者数は4,000人を超える。

2016年に一般財団法人日本アントレプレナー学会の理事に就任。ドリームマネジメント事業の日本の責任者となり、ドリームマネジメントのセッションを行いながら、50名以上ファシリテーターの育成を行う。