社長に会社を辞めると伝えたら「ドリームマネージャーになれ!」と言われた…

皆さん、こんにちは!
ドリームマネジメントの佐々木です。

 

今回は昨年からドリームマネジメントのファシリテーターになった方(以下、Kさん)の話しをしたいと思います。

 

 

50代半ばのKさんは、長年営業マンとしてその会社を支えてきました。

 

 

管理職としても営業マンをまとめあげ、Kさんはその会社でやるべきことはやり切ったという気持ちになっていました。

 

 

そして、Kさんはその会社を辞めようと決意しました。

 

 

会社を辞める決意をしたKさんは、長年お世話になった社長に「会社を辞めさせて頂きたい」と伝えました。

 

 

Kさんの決意を聞いたその社長は思いもよらないことを言い出しました。

 

「会社を辞めるならドリームマネージャーをやれ!」

 

 

ドリームマネージャー??なんだそれ??
Kさんは驚きました。

 

 

聞くと、ドリームマネージャーは「社員の夢の実現を応援する人」らしく、社長は社員の夢を実現できる会社にしたいらしく、その役割をKさんにやれといきなり言ってきたのです。

 

 

Kさんは迷う暇もなく、半ば強引にドリームマネージャーに任命されたのです…

 

 

 

僕がKさんと初めて会ったのは、ドリームマネジメントファシリテーター講習です。

 

 

 

ドリームマネジメントのファシリテーター(=ドリームマネージャー)になるための講習を行った時にお会いしました。

 

 

 

僕は講師という立場で、Kさんがファシリテーターになるための講習を行いましたが、Kさんの最初の印象は、何もかも見透かされたような鋭い眼光の方だなと。

 

そして、常に斜に構えるような方なのかな?と、、

 

 

講習を行っていても物事の裏を見ているような質問が多く、正直言うとやりずらいなあ…なんて思ったことも多々ありました(今は全然違います💦)

 

 

「社長にやれと言われたからドリームマネージャーになった」みたいなスタンスで、正直言うと今後大丈夫かな?とその時は思いました(今は全然違います💦)

 

 

そんなKさんがファシリテーター講習を終えて、いざドリームマネージャーデビューです。

 

 

Kさんの会社は2,000人を超える大企業です。

 

 

Kさんは色々な営業所に出向き、ドリームマネジメントのセッションを行いました。

 

 

責任感の強いKさんは初めは役割を全うするためだったかもしれません。

 

 

自社でドリームマネジメントのセッションを行い、そして他のファシリテーターが行うドリームマネジメントに積極的に参加して、知識やスキルを吸収していきました。

 

当初は「100個の夢なんて書けないよ」と言っていたKさんでしたが、、自らのドリームリストには夢がどんどん追加され、遂には150個以上の夢が書かれていました。

 

 

Kさんがドリームマネジメントのセッションを行っているのを何度か見させて頂くことがありましたが、Kさんは本当に楽しそうで、セッション中は笑顔が絶えません。

 

僕はKさんと接していくうちに、Kさんのことが大好きになり、Kさんと会うのが楽しみになってきました(あんなに苦手意識を持っていたのに💦)

 

Kさんは知識が豊富で何でも知っている人です。
一緒にいるだけで勉強になります。

 

 

そんな方なので、セッション中に受講生が発表した夢で自分が知らないことがあると、一生懸命調べて受講生に伝えます。

 

 

自分よりも一回りも二回りも若い方に対し、同じ目線で接して、自ら率先して自己開示をして受講者の方を安心させます。

 

 

Kさんがドリームマネージャーになって約半年が経った頃、打合せをしている時にこんなことを言い出しました。

 

 

「ドリームマネージャーになって変わったと思う…」

 

 

聞くと、今までは否定したくなるようなことも、そういう考えもあるよねと受け入れることが出来るようになり、素直に応援できるようになったとのことです。

 

前回のブログにも書かせてもらいましたが、ドリームマネジメントのファシリテーターの心構えがあります。

 

・自分自身がプログラムを実践し、模範をしめす

・参観者の夢を判断しない

・肯定する習慣を持つ

・参加者にとって快適な空間をつくる

・厳格で公平なリーダーシップの姿勢

・参加者のリーダーシップの視点を伸ばし、謙虚さをもつ

・参加者を信用する

・参加者の成功/失敗から自分を切り離す

・組織全体からのサポートを引き出して、協力やチームワークを育てる

・成功を共有して参加し、参加者が努力するように成長させる

・長期の見通しを立てて、プログラム遂行のためのプランを立てる

 

ドリームマネジメントのファシリテーターを行うと、このような考えになってくるのです。

 

 

 

「Kさん!最近どうですか??」

 

こんな質問をすると、いつもKさんは沢山の自分ネタを話してくれます。

 

「Kさん!この夢って具体的にはどんなことですか??」

 

と聞くと、その夢に対して丁寧に説明してくれます。

 

 

50代半ばで、ドリームマネージャーに挑戦したKさんは本当に凄いと思います。

そして、そのkさんの資質を見抜いていた社長もすごいです。

 

 

この会社は、今後Kさんを中心にドリームマネジメント社内ファシリテーター(ドリームマネージャー)を増やしていく予定です。

 

 

 

グループで2,000名以上もいる会社に対してドリームマネジメントを浸透させるのは並大抵のことではないと思います。

 

 

ただ、僕はKさんなら絶対にやり切ると信じています。

 

 

Kさんの責任感とチャレンジ精神があればきっと大丈夫だと。

 

 

これからもよろしくお願い致します(^0_0^)

 

■ドリームマネジメント社内ファシリテーターとは?
http://r-faith.com/blog/?p=971

 

【ドリームマネジメントの効果】


ドリームマネジメントを導入するとこのような効果があります。

【受講者への影響】
・プライベート、仕事の夢・目的が明確となり人生を計画的に生きるようになる
・理想の自分になるために何をするのか?を考え、習慣化するようになる
・身体、人間関係、知性、精神を常に良くすることを意識するようになる
・お金に関する知性が高まる
・高いエネルギーで集中した中身の濃い時間を過ごすことが出来る
・健康管理を意識するようになる(質の良い、運動、食事、睡眠)
・良好な人間関係を築くことができる
・知性を高めるために積極的に学ぶようになる
・安定した精神性を身に付けることができる
・仕事に対してキャリアパスの明確化
・マネジメントおよびリーダーシップ能力の開発

【組織(チーム)への影響】
・お互いを応援し合う活発なチームワークの創出
・心理的安全性が高いチーム
・信頼感、モラル向上
・社員のやる気のアップによる高い生産性
・望ましくない離職の減少
・社員の夢を応援する会社としてのブランディング、リクルート効果
・マネジメントおよびリーダーシップ能力の開発
・戦略的思考法の教育
・業績アップ


さらにファシリテーター自身にも良い影響があります。

ドリームマネジメントの12のセッションは、理想の人生を送る上でどれも大事な項目ばかりです。

この内容を毎月ファシリテーターとしてセッションを行うということは、ファシリテーター自身にとっても最高かつ実践的な自己啓発となります。

是非この機会にドリームマネジメントのファシリテーターにチャレンジしてみてください。

 


【現在、こんな方がドリームマネジメントのファシリテーターとして活躍しています‼】

・自社の女性社員に夢を持って欲しいと願う化粧品会社経営者
・社員の夢を応援する経営者を増やしたいと思う社労士
・自分の夢も実現し、自社の社員の夢を実現する会社にしたいと思う設備会社経営者
・プライベートの夢がなかなか持てない若い社員に夢を持ち実現する喜びを感じて欲しいと思う不動産会社経営者の奥様
・夢を持ち、応援することのできる起業家を育てたいコンサル業社長
・自分のクライアントである歯科医院、歯科業界を夢を持てる職場、業界にしていきたいと思うライフプランナー
・ドリームマネジメントを通じて女性起業家を支援したいコーチングのスペシャリスト
・自社の社員、IT企業にドリームマネジメントの考えを浸透させたいIT企業経営者
・目先の数字だけではなく、クライアントにも夢を持ってもらいたい整理士事務所経営者


※毎月1回ファシリテーターのミーティングを開催し、情報交換等を行っています。

ご興味のある方、質問がある方、お気軽にメッセージをくださいね。


【ドリームマネジメント社内ファシリテーター養成講座】

費用36万円(税別)2名受講可 ※講習費用、ファシリテーター用テキスト、ファシリテーター資格取得含む

■講習内容(※講師は佐々木が勤めさせて頂きます)
ドリームマネジメントのセッション1~12をファシリテーターとして進めるため、各セッションの全ての内容を把握して頂きます。

■講習後のサポートについて
ドリームマネジメントのファシリテーターの資格取得後すぐにセッションを行って頂きます。
電話、メールでのサポートは無料を行いますので,不明な点等ございましたら随時ご連絡下さい。ご希望の際はセッションの現場に入らせて頂き、事前打ち合わせ、チェック、アドバイス等も行います。(※別途費用が掛かります)
現在、セッションを行っているファシリテーターの全ての方が効果的なセッションを行っています。

無料相談会随時開催(※講座の日程・場所の相談も受付けます)
先ずは、無料相談会を通じて、ドリームマネジメントについての詳細を説明させて頂きます。その上でドリームマネジメントのファシリテーターになるかどうかご判断下さいませ。
※相談会を通じて、ファシリテーターになりたいというご希望に添えない場合もございますので、予めご了承くださいませ。

・・・・・・・・・・・・・・・・

ドリームマネジメントは、社員の夢を叶えることを使命としています。
そして、それぞれの社員が自ら働きたくなる社内環境を整え、最終的に会社を成功へと導きます。

ドリームマネジメントとは?

■【社内の人材育成の仕組化】社内ファシリテーター制度

■佐々木が「ありがとうTV」でドリームマネジメントについて語る

ドリームマネジメントのお問い合わせ


※書籍「ザ・ドリーム・マネジャー」の研修プログラムである「ドリームマネジメントプログラム」は、日本のライセンシーである”一般財団法人日本アントレプレナー学会”を通じて開催されます。日本アントレプレナー学会を通さず開催される「ドリームマネジメントプログラム」は公認ではなく、内容も保証されておりませんのでご注意ください。

================

【佐々木亮輔プロフィール】

一般財団法人日本アントレプレナー学会 理事

長年、美容業界向けのIT事業に携わり、上場企業の関連会社を2社設立し、それぞれ取締役、代表取締役に就任。2014年、「ドリームマネジメント」の日本初の認定ファシリテーターとなる。同年に日本で最初にドリームマネジメントのセッションを行い、現在まで延べ受講者数は4,000人を超える。

2016年に一般財団法人日本アントレプレナー学会の理事に就任。ドリームマネジメント事業の日本の責任者となり、ドリームマネジメントのセッションを行いながら、50名以上ファシリテーターの育成を行う。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です